WOMANウェルネスライフ研究会

WOMANウェルネスライフ研究会とは

女性の健康支援をする人々の学ぶ・繋がる・実践する場 WOMANウェルネスライフ研究会~すべての女性の「健やかに、自分らしく、幸せに生きる」を支援するために~を発足しました。

~~目次~~
WOMANウェルネスライフ研究会詳細
今年度活動内容
年会費と受講料
加倉井さおり挨拶
研究会発足記念講演(高尾美穂先生)
活動報告

 

WOMANウェルネスライフ研究会詳細

目的

すべての女性の「健やかに、自分らしく、幸せに生きる」を支援するために、職域を超えて様々な立場の方々と繋がり、学び、実践していくための研究会とする

対象

・医師、保健師・助産師・看護師・管理栄養士・薬剤師・運動指導者等の保健医療スタッフ
・キャリアコンサルタント
・人事・労務の担当者
・女性の健康支援をしている企業・職業の方
・女性の健康支援に関心がある方や学生など

 

2021 年度活動予定(年2回予定)*テーマが変更する可能性もあります。

*2021年度から会員の皆さんには録画動画を視聴できるようにいたします。

すべてオンライン開催です。

第6回 2021年9月4日 (土)13:30~16:00

第一部講演「働く女性の健康支援~新常識!プレコンセプションケアとは?

     講師:産婦人科専門医 重見 大介 氏

<講師プロフィール>

産婦人科専門医 / 公衆衛生学修士

2010年に日本医科大学を卒業。その後、日本赤十字社医療センターで初期臨床研修(産婦人科プログラム)を修了し、大学病院や市中病院で産婦人科医として臨床に従事する。

公衆衛生学を学ぶため、2018年に東京大学大学院公共健康医学専攻(SPH)を卒業。同年4月より東京大学大学院博士課程(医学部医学系研究科 臨床疫学・経済学教室)に在籍し、主にヘルスケアビッグデータを用いた臨床疫学研究に従事している。

また、臨床と並行して2018年より株式会社Kids Publicに参画し、産婦人科領域のオンライン相談サービスを提供する「産婦人科オンライン」の代表を務める。このほか、「女性の健康と社会課題」を活動の軸とし、企業や学生を対象とした講演や、HPVワクチン啓発プロジェクト(みんパピ!)、Yahoo!ニュース個人オーサー等として活動している。

参考

産婦人科オンライン

みんパピ!

Yahoo!ニュース個人オーサー(トップページ)

第二部 Q&Aトーク「重見先生に聞いてみよう~働く女性の健康支援」

◆参加料:一般5000円 会員3500円

◆申し込み先

お申込み・お問合せ

 

第7回 2022年2月12日(土)13:30~16:00

実践報告「働き続ける力を考える~インタビュー調査から見えてきたこと」

発表者:富士通株式会社 一木ひとみ氏(保健師)

 

年会費と受講料

◆個人会員 年会費 5000円(入会金無料)受講料3500円/回

◆法人会員 年会費 25000円(入会金無料)受講料 毎回3名まで無料

◆一般受講料 5000円/回
※入会期間は年度単位となります。(4月~翌年3月までの1年間)
※途中退会の場合、年会費の返金はできませんので予めご了承ください。
(会員特典は途中退会でも入会年度の1年間は有効です。)

会員の特典

◆欠席分の資料をメールにてお送りします。

◆録画動画の配信は会員限定で、その回のお申込み後受講料をお支払いいただいた場合に配信いたします。

◆月1回のメルマガの発行で情報提供し、優先申込みができます。
◆一部セミナー等に割引で参加ができます。

ご入会のお申し込み・お問い合わせ先

下の「お申し込み・お問い合わせはこちら」ボタンをクリックし、「その他」を選択いただきWOMANウェルネスライフ研究会入会希望とご記入下さい。

※お申込みをご検討いただきありがとうございます。申込時は、WOMANウェルネスプロジェクト事務局を運営している、㈱ウェルネスライフサポート研究所のサイトへ移動します。上の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてください。

 

WOMANウェルネスライフ研究会発足への想い

女性活躍推進の流れの中で、働く女性は今後益々増えていきます。
でも果たして、現状で充分な女性の健康支援ができているでしょうか。
心とからだと働き方を含めた生き方を整えて、より自分らしく、働き生きていく「ウェルネスライフ」の実現があってこそ、真の幸せな女性の活躍があると考えています。
多様化する女性の生き方の中で、生涯を通じた女性の健康支援が求められています。
この研究会では、職域を超えて様々な立場の方と、女性の「健やかに、自分らしく、幸せに生きる」を支援するために、共に学び、繋がり、そして実践していく研究会を目指していきます。是非ご一緒に学び、実践していきましょう!

WOMANウェルネスプロジェクト・㈱ウェルネスライフサポート研究所
代表 加倉井さおり(保健師)

 

研究会発足記念講演

2018/3/18(日)、産婦人科専門医 高尾美穂先生をお招きしてWOMANウェルネスライフ研究会 発足記念講演を行いました。
テーマは「女性の健康支援をするあなたに、今伝えたいこと~すべての女性に、より良い未来を~」


高尾美穂先生

◆報告はこちらをご覧ください。

 

活動報告

第5回2021年2月13日(土)14時~16時 オンライン開催
「私たちの働く女性の健康支援実践報告」

今回の研究会は、2部構成。1部は、セキスイ健康保険組合千葉・茨城西担当の保健師、島田留津さんから、「女性の健康支援の取り組み」について実践報告していただき、2部は代表の加倉井さおりさんから「コロナ禍での働く女性の健康支援、何ができるか、何から始めるか」を話題提供。それぞれの発表後に、グループミーティングが行われました。

◆報告はこちらをご覧ください。

第4回 7月18日(土)14時~ オンライン開催
WOMANウェルネスライフ研究会 3周年記念講演 産婦人科専門医 高尾美穂先生から学ぶ  「生涯を通じた女性の健康と知っておきたい骨盤底筋のこと」

WOMANウェルネスライフ研究会の発足記念講演にもご登壇いただきました、イーク表参道の副院長である産婦人科専門医でありスポーツドクターでもある高尾美穂先生に3周年記念講演としてご登壇いただきました。今回は初のオンライン開催になりましたが、高尾先生の熱い講演3時間に皆さんが魅了され多くの学びと気づきをいただく研究会となりました。

生涯を通じた女性の健康を考えるために、尿もれを健康課題としてとらえることの大切さから、骨盤底筋とはどこにあり、どのような形でどのような役割をしているのか、そして尿もれ予防への新しいアプローチとなる体操などをご講演いただきました。

◆報告はこちらをご覧ください。

第3回 2019年7月20日(土)
「人生100年時代に考えたい女性の健康課題」

「人生100年時代」、日本の女性の2人に1人は90歳まで生きるといわれています。
そんな長寿社会に向けて、女性が「いま」そして「これから」を、イキイキと暮らしていくために、考えていくべき健康課題とは何でしょうか。
今回の研究会は、第1部は、産婦人科医の直林氏に「診察の現場」のケースをもとに、様々な世代の課題や治療の実際についてご講演いただきました。

◆報告はこちらをご覧ください。

第2回 2019年3月23日(土)
わたしたちの"働く女性の健康支援"~実践までのストーリー&取り組みから学ぶ〜

女性活躍推進の時代といわれ、働く女性は増えています。
また、健康経営でも「女性の健康支援」の課題が明言されています。
しかし、実際のところ、働く女性の健康支援はなかなか難しい。まず、第一に職場で理解が得られにくい。
そしていざ実践するとなっても、何を、どこから、どのように進めていくべきか、悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。
今回のテーマはまさに"働く女性の健康支援"について。
今回研究会は、働く女性の健康支援を進めてきた、人事担当者、そして産業看護職のお二人に、実践までのストーリーと具体的な取り組みを、それぞれ発表していただきました。

◆報告はこちらをご覧ください。

【報告】第2回WOMANウェルネスライフ研究会活動 「わたしたちの"働く女性の健康支援"~実践までのストーリー&取り組みから学ぶ〜」

第1回 2018年9月15日(土)
働く女性がもっと輝く職場の健康支援 ~何ができるか、実践事例から学ぶ~

2018年9月15日(土)記念すべき第1回WOMANウェルネスライフ研究会を開催いたしました。
ずっとあたためてきたこの研究会発足、そして今回の企画。
「働く女性がもっと輝く職場の健康支援~何ができるか、実践事例から学ぶ」をテーマに、 ㈱ウエディングパーク 執行役員 保田誠一郎様をお迎えして、満席での開催となり反響の多さにも手応えを感じました。
福島からは3名もいらして下さり、滋賀、京都、大阪、静岡、長野…と遠方からのご参加が多数あり、満席となったことからも、皆さんの関心の高さが伺えました。

◆報告はこちらをご覧ください。